白猫テニスを10倍楽しむポイントを紹介

白猫テニスでサーブを打つときは、適当に売ったりせず、注意点をしっかり押さえておいてください。

注意点を見逃していると、失敗することがあります。

上手にサーブすることを常に意識して、白猫テニスを思いきり楽しみましょう。

参考サイト⇒「白猫テニス 使って楽しい飽きない強いキャラ(グラス編)」(たいぶろ)

必ず丸い囲みをチェックして打つ

白猫テニスでサーブを打つときは、まず画面をタップして、ボールを上に投げます 。

そのあとに表示される丸い囲みは、サーブを成功させるための重要なポイントです。

失敗しないためには、そのチェックを怠らないようにしてください。

ボールが丸で囲まれたときに打てば、ジャストやGOODが出やすくなります。

赤い丸はジャスト、青い丸はGOODなので、どちらかが表示されたタイミングで打つようにしましょう。

もし丸がない状態で打った場合は、あさっての方向へ飛んでいくことがあります。

コントロールができず、コース外へ出てしまうので、くれぐれも注意してください。

丸い囲みがあるタイミングなら、きちんと狙った方向へ打ち込むことができます。

ダブルフォルトはNG

丸い囲みがないときに打つと、ネットに引っかかり、フォルト(失敗判定)になることもあります。

フォルトが2回続くと、ダブルフォルトになってしまうので、サーブのときは気をつけてください。

ダブルフォルトになると、相手の方に点が入ってしまうため、かなり不利になります。

無駄に相手の点を増やさないためには、丸い囲みが出たタイミングをしっかり意識しておいてください。

うっかりミスをすることもありますが、連続でフォルトになる事態は、極力避けるべきです。

練習して感覚をつかみ、うまく丸い囲みを狙えるようにしましょう。

方向を決めてから打つ

サーブを打つときは、フリックで方向を決めることも忘れないようにしましょう。

適当にフリックしていると、真逆の方向へ飛んでいくこともあります。

右へ打つときは右に、左へ打つときは左にフリックして、確実に方向を定めておいてください。

慣れてくると、フリックが素早くできるようになってきます。

たくさん練習して、スピーディな操作ができるようにしましょう。

サーブでミスをすると、単にがっかりするだけでなく、相手の点を増やすこともあります。

ミスをなるべく減らしていくためには、ここで紹介した注意点を覚えておいてください。

注意点を意識しながら練習すれば、上達も早くなります。

白猫テニスでジャスト判定が出ない原因は? 4つのNGポイント

白猫テニスでうまくジャストショットが打てないときは、その原因をよく考えてみましょう。

ジャストにならないときは、何か妨げている要素があるものです。

それを潰していけば、かなりジャスト判定が出やすくなります。

ボールの影を見ていない

白猫テニスで打ち返しをするとき、もしボールの動きを追っているなら、それは直すべきです。

ジャスト判定のためにボールを見るのは当たり前のようですが、実は失敗の原因になっています。

なぜなら、ボールは見にくいものだからです。

エフェクトやバウンドしたときの跳ね方が、見え方に悪影響を与えています。

それがあるために、念入りに追っているつもりでも、失敗することが多くなるのです。

上手に打ち返すためには、ボールだけでなく、影を見るようにしてください。

影なら見やすいので、ミスを減らすことができます。

判定ラインに合わせていない

ジャストショットを打つなら、判定ラインに影が重なったタイミングを見逃さないようにしましょう。

そこがクリアできていないと、うまくジャスト判定を出せなくなります。

注目しておきたいのは、キャラが立っている枠内の真ん中の線です。

真ん中の線にボールの影が来たら、素早くタップしましょう。

線と影をよく見ていれば、しっかりジャスト判定が出るようになります。

タイミングが遅れている

判定ラインとボールの影が重なったとき、タップするタイミングが遅れると、うまくいかなくなります。

確実に重なったところを狙うなら、少し早めにタップしてみてください。

ぴったり重なるまで待っていた場合、不思議と遅れてしまうことがあります。

微妙に早めの操作をしていれば、ちょうどよいタイミングになり、ジャスト判定が出やすくなります。

強く意識しすぎている

ジャストショットを狙うときは、「絶対にタイミングを逃さない」と意気込むことも多くなります。

その集中が、逆に失敗の原因になっていることもあるので、注意してください。

じっと見つめて力んでいたために、手の動きが遅れたりするのです。

ジャスト判定を出すなら、あまり気負いすぎず、少し早めに動くつもりでやってみましょう。

自然体で挑戦することも、成功のためのコツです。

なかなかジャストショットが打てないときは、イライラしてしまうこともあります。

それでは白猫テニスを楽しめなくなるので、ここで紹介したNGポイントには十分注意してください。

失敗につながる要素を避け、ジャスト判定が出しやすくなるようにしていきましょう。

白猫テニスでジャストショットを打つコツは? 4つのポイント

白猫テニスでジャストショットを打ちたいなら、適当な操作を割けるようにしてください。

ジャスト判定を出すためのコツを押さえておくと、うまく打ち返せるようになります。

たくさん練習して、狙ったタイミングでジャストが出るようにしましょう。

ボールの影を見る

白猫テニスでジャストショットを出したいときは、ボールの動きを見たくなるものです。

とにかくボールを見ていれば成功しそうですが、失敗を防ぐなら、それはやめておきましょう。

本当に大切なのは、ボールの影を追うことです。

ボール本体は、エフェクトや跳ね方の影響で見にくくなるため、注意が必要です。

必死にボールを追っていても、よくわからないまま打ってしまい、失敗することがあります。

上手にジャストショットを打ちたいときは、ボールそのものより、影の方をしっかり見ておきましょう。

影なら見やすいので、難易度が少し下がり、ジャスト判定が出やすくなります。

判定ラインで打つ

ジャストショットを出すなら、その判定が出るラインを見逃さないようにしましょう。

注目すべきは、キャラが立っている四角い白枠の真ん中です。

ボールの影がその線の上に来たときこそ、ジャストショットのタイミングになります。

この方法だと、ジャストの次に良い判定であるGOODも出やすくなるので、ぜひ試してみてください。

意識しすぎない

ジャストショットを打ちたいときは、「絶対に打つ」と意識しすぎたために、失敗することもあります。

影と判定ラインばかりに注目しすぎていると、逆に遅れてしまうのです。

失敗を避けたいなら、あまり気負わないようにしましょう。

ぴったりなタイミングより、少し早めにタップした方が、すんなりジャスト判定になることもあります。

狙いすぎに注意して、スマートにジャストショットを打てるようにしていきましょう。

ストロークタイプを使う

ストロークタイプのキャラは、ジャストショットが出しやすくなっているため、練習に最適です。

うまくいかないときは、まずストロークタイプを選択し、感覚をつかむようにしましょう。

易しいところからスタートして、徐々にレベルアップしていけば、うまく出せるようになります。

ジャストショットを多く打てば、相手のスタミナを削ることができます。

確実に相手を消耗させるためにも、ここで紹介したコツを押さえて、しっかり練習していきましょう。

ジャスト判定が出やすくなれば、ゲームをうまく進めることができます。

白猫テニスの上手な打ち返し方は? 4つの注目ポイント

白猫テニスで上手にボールを打ち返すなら、適当に操作するのはよくありません。

うまい打ち返し方を習得するには、ポイントを意識して練習しましょう。

コツを押さえておけば、上達が早くなり、思った通りの打ち返しができるようになります。

ジャストが出やすいタイミングで打つ

上手に打ち返すために注目したいのは、やはりジャスト判定です。

ジャストで打ち返すことができれば、相手が返球したとき、スタミナを消耗させることができます。

うまくジャスト判定を出すには、適当な位置でタップするのではなく、真ん中の線の上を狙いましょう。

ボールがその位置へ来たときにタップすればに、ジャストやGOODが出やすくなります。

ちょうどよいタイミングを狙い、相手のスタミナを確実に削っていきましょう。

正面では打たない

白猫テニスでボールを打ち返すときは、キャラの腕が届く範囲を見逃さないようにしましょう。

その条件から外れていると、うまく返せなくなってしまいます。

特に避けておきたいのは、ボールが正面にあるときにタップすることです。

真正面のボールを打ち返そうとすると、キャラに当たってしまうので、注意してください。

方向をきちんと決める

ボールを打ち返すときは、方向をきちんと定めておくことも大切です。

右へ打ちたいなら右に、左へ打ちたいなら左に、素早くタップ&スワイプしましょう。

打ちたい方向とタップ&スワイプの方向が合わないと、真逆の方向へ飛ぶこともあります。

そうした失敗を避けるためには、狙った方向への操作をしっかり意識しておきましょう。

練習して慣れてくれば、正しい方向へスピーディに操作できるようになります。

いったんバウンドさせる

スピンの返球は、そのまま打ち返してはいけません。

何も考えずに打つと、ダイレクトに相手の方へ戻るため、ジャストショットを返されてしまいます。

相手のジャストショットを回避するためんは、スピンをいったんバウンドさせましょう。

バウンドさせることで、デメリットのない打ち返しができます。

スピンが来たときは、ノーバウンドで返さないよう、くれぐれも注意してください。

白猫テニスでボールを打ち返すときは、焦って失敗することもあります。

余計なデメリットを避けるためには、ポイントを意識して、落ち着いて操作しましょう。

しっかりコツをつかんでいれば、上手に打ち返すことができます。

白猫テニスの上達のコツは? 操作で意識すべき4つのポイント

白猫テニスをうまくプレイするためには、操作方法が重要になってきます。

適当に操作していると失敗することが多く、なかなかうまくならないので、注意してください。

コツを意識して練習し、少しでも早く上達するようにしましょう。

真ん中の線をよく見て打つ

白猫テニスでボールを打つときは、ただやみくもに打てばよいわけではありません。

きちんとスイングエリアに入ったところで打ち返せば、ジャストやGOODの判定になります。

そのような打ち方ができれば、相手のスタミナを消耗させることができるのです。

ちょうどよいタイミングで打つには、真ん中の線の上にボールが来たときを見逃さないでください。

そこでタップすれば、ジャスト判定が出やすくなります。

丸い囲みが出るタイミングをチェック

ボールに丸い囲みが出たときは、ジャストやGOODが出やすくなるサインです。

サーブを打つときは、その丸い印をよく見ておきましょう。

赤丸ならジャスト、青丸ならGOODが出るため、上手にゲームを進められるようになります。

丸がない状態で打つと、コースから外れたり、ネットに引っかかったりするので、気をつけてください。

常に丸を意識しながらサーブしていれば、だんだん上手になっていきます。

方向を決めて打ち返す

白猫テニスでボールの方向を決めるときは、タップ&スワイプが大切です。

打ちたい方向にタップ&スワイプすることで、ボールの方向がしっかり定まります。

もし間違えていた場合は、おかしな方向へ飛んでいくので、確実に操作できるように練習しましょう。

例えば、右へ打ち返すなら、きちんと右方向へタップ&スワイプしなければなりません。

左になっていると左へ飛んでいくことになるので、打ちたい方向をよく考え、素早く操作してください。

自分の考えとタップ&スワイプの方向が合って入れば、ミスを防ぐことができます。

左右の手で操作を分担する

いつでも素早い操作をするためには、片手よりも両手の方が適しています。

片手だと、移動と返球の間で、いったん指を離すことになるため、どうしてもスピードが上がりません。

スピーディに操作できるようになりたいときは、スマートフォンを両手で持ち、操作を分けましょう。

移動と返球が左右の手で操作できれば、指を離すことがなくなり、素早い操作が可能になります。

白猫テニスの操作に早く慣れたいなら、ここで紹介したポイントをしっかりチェックしてください。

基本的なポイントではありますが、雑になっていると、上達を妨げることもあります。

うまくなれば楽しみも増すので、コツを押さえた練習をしていきましょう。

白猫テニスでボールを上手に操るコツは? 大切な3つのポイント

白猫テニスをプレイするときに失敗が多くなると、あまり楽しめなくなってしまいます。

失敗を防ぐには、ボールの動きをうまくコントロールしていきましょう。

ボールを思い通りに動かすことができれば、白猫テニスがもっと楽しくなります。

タップ&スワイプで狙いを定める

白猫テニスでボールの方向を決めるためには、タップ&スワイプが重要になってきます。

これを行うことで、ボールの方向が固定されるため、狙った位置へ飛ばせるようになるのです。

例えば、右の方向へボールを打ち返すなら、同じ方向へタップ&スワイプしてみてください。

きちんと右のタップ&スワイプができていれば、その通りにボールが飛んでいきます。

もし左にタップ&スワイプしていた場合は、真逆の方向へ飛ぶことになるので、気をつけてください。

右なら右、左なら左と合わせてていけば、自由にボールの軌道をコントロールできます。

慣れてくると素早い操作が可能になるので、どんどん練習していきましょう。

丸い囲みがあるときに打つ

サーブでボールを操るためには、ボールを囲む丸い印を見逃さないようにしましょう。

赤と青の丸が出ているときだけ打つようにすると、失敗を防ぐことができます。

何もないときにサーブすると、コースを外れておかしな方向へ飛んでいくので、注意してください。

自分ではきちんと操作したつもりでも、ネットに引っかかってフォルト(失敗)になることもあるのです。

そのような予測できないボールの動きは、丸い印が出たときに打つことで回避できます。

赤い丸ならジャスト、青い丸ならGOOD判定になるので、タイミングをよく見て上手に打ちましょう。

両手で操作する

思い通りの操作ができないときは、スマートフォンの持ち方をチェックすることも大切です。

もし片手で持っているようなら、両手で持つようにしてください。

片手で持っていると、何かを持ったままでもゲームを楽しめますが、スピードは落ちてしまいます。

すぐにボールを打ち返したくても、もたつくことが多くなるのです。

移動したあと、少し指を離してからでないと返球できないため、どうしても遅れることになります。

両手で持っていれば、移動と返球を左右で操作できるため、指が離れる部分はなくなります。

それならスピードアップが可能になるので、遅く感じているなら、ぜひ試してみてください。

ボールの操作がうまくいかないときは、ついイライラしてしまうこともあります。

白猫テニスをしっかり楽しむためには、そうした失敗を防いでいきましょう。

ここで紹介したコツを意識して練習すれば、上手にコントロールできるようになります。

白猫テニスの操作で失敗を防ぐには? 注意したい3つのポイント

白猫テニスの操作は、適当にやっていると失敗することもあるので、注意してください。

上手に操作するためには、ポイントを押さえた操作が重要になります。

デメリットの少ない操作で、失敗のイライラを防ぎましょう。

ボールの方向を素早く決める

白猫テニスは、ボールの方向をきちんと決めておかないと、うまく打ち返すことができません。

自分では予想していなかった方向に飛んでいくようだと、ストレスがたまってしまうものです。

失敗を防ぐためには、タップ&スワイプによるコースの固定を行いましょう。

タップ&スワイプでコースが決まり、狙い通りにボールを打ち返すことができます。

例えば、右の方向へ打ち返したいなら、右へタップ&スワイプすることが大切です。

そうすることで、確実に右へ飛んでいきます。

左へ打ち返したいときは、逆に左へタップ&スワイプすれば良いのです。

こうした操作のコツを覚えて、スムーズにボールが打てるようにしましょう。

丸い囲みを見逃さない

サーブを打つときは、ボールを囲む丸い印しをチェックしておきましょう。

ボールが赤い丸で囲まれたときに打つと、ジャスト判定になります。

青い丸なら、GOOD判定です。

その2種類の打ち方をマスターしていけば、失敗を防ぐことができます。

何もない状態で打つと、うまくいかずに悩むことがあるので、気をつけてください。

丸い印がないときのサーブは、コースを外れてしまいます。

ネットに引っかかり、フォルト(失敗)になることもあるのです。

フォルトが2回続くと、相手の点が増えてしまうので、適当にサーブするのはやめましょう。

赤と青の丸をよく見て、確実に打つようにしてください。

両手で持つ

スマートフォンを片手で持っていると、もう片方の手に荷物などを持つことができます。

片手が塞がっていてもプレイできる方法ですが、失敗しやすくなることもあるので、注意してください。

タップ&スワイプによる移動のあとで、いったん指を離すことになるため、スピードが落ちるのです。

素早い操作で打ち返したいときなどは、かなり困ってしまいます。

スピードを上げたいときは、しっかりと両手で持つ方法がおすすめです。

両手で持っていれば、移動と返球の操作を左右に振り分けることで、スピードアップが可能になります。

片手でうまくいかないときは、ぜひ試してみてください。

失敗が多くなると、白猫テニスを楽しめなくなることがあるので、雑な操作には注意してください。

余計なストレスを防ぐためには、ここで紹介したポイントを覚えておきましょう。

上手に操作できれば、思う存分ゲームを楽しむことができます。

白猫テニスの基本操作で重要な点は? チェックすべき3つのコツ

白猫テニスで初めて遊ぶなら、まずは基本操作をマスターすることが大切です。

基本ができていないと、スムーズにプレイすることができません。

ゲームの魅力を存分に味わうためにも、コツを意識しながら練習していきましょう。

真ん中の線で打ち返す

ボールを打ち返すときは、適当に操作するのではなく、真ん中の線をよく見ておきましょう。

相手の打ったボールが真ん中の線の上に来れば、ちょうどよいタイミングになります。

真ん中で打ち返しをすることで、ジャストやGOODの判定になるのです。

上手にジャストやGOODの判定を狙えば、相手のスタミナを減らすことができます。

自分が打ったボールを相手が返球するとき、スタミナが削れていくのです。

最も良い判定はジャスト、次がGOODになっているので、打つタイミングを慎重に見極めましょう。

タップ&スワイプでコースをきちんと決める

ボールを打ち返すときは、ただ打ったりせず、コースもしっかり考えるべきです。

真ん中の線を見ていても、あさっての方向へ飛んで行った場合は、失敗することになります。

ボールの動きを制御するためには、タップ&スワイプをうまく使っていきましょう。

タップ&スワイプで、コースの方向を決めることができるのです。

例えば、右へボールを打ちたいなら、右へタップ&スワイプすると、思い通りに動いてくれます。

左に打ちたいときは、その逆にすればよいのです。

こうしたコツを意識して打ち返せば、失敗は少なくなります。

素早いタップ&スワイプで、ボールの軌道を自在に操れるようにしましょう。

丸い囲みをよく見てサーブする

白猫テニスでサーブをするときは、画面の中の丸い囲みをしっかりチェックしておきましょう。

赤と青の丸い印に注意していれば、上手にサーブを打つことができるのです。

ボールが赤い丸で囲まれたときにサーブすれば、ジャストの判定になります。

青い丸の場合は、GOOD判定です。

何もない状態で打つと、コースの外へ飛んで行くので、注意してください。

ネットに引っかかり、フォルト(失敗)と判定されることもあります。

2回連続のフォルトはダブルフォルトと呼ばれており、相手の方に点が入ることになります。

失敗を避けるには、丸い囲みを見逃さないようにしましょう。

白猫テニス初心者なら、ここで紹介した操作のコツをしっかり押さえておいてください。

基本操作を雑にやってしまうと、うまくゲームを進めることができません。

上手に操作できるように練習して、失敗を減らしていきましょう。